加齢臭対策スプレー!ミョウバンスプレーの作り方は?

MENU

加齢臭対策スプレー!ミョウバンスプレーの作り方は?

加齢臭対策にミョウバンスプレーがいいと聞きました。市販品より手作りの方が効くらしいですが、どうやって作るのでしょうか?

 

加齢臭対策にお困りの主婦のみなさんにオススメしたいのが手作りのミョウバンスプレーです。

 

このミョウバンスプレーは、加齢臭対策として、直接、肌にスプレーして使うことができます。肌だけでなく、靴の中にスプレーしておけば、靴の不快なニオイを消臭することができます。

 

また、主婦にとってうれしいのが、家事にも活用することができるんです。例えば、洗濯にはこのミョウバンスプレーの原液を入れて洗濯することで、生乾きのイヤなニオイを防ぐことができます。

 

また、生ごみにスプレーすることで消臭効果もあります。他にも、鍋の焦げ付きを簡単に取ることができたり、お風呂に入れて入浴剤代わりにすることもできます。旦那の加齢臭対策をさりげなくやりたいという場合には、このミョウバン入浴剤だとバレずに加齢臭対策できますね。

 

 

では、ミョウバンスプレーの作り方です。

 

まずは、ミョウバンスプレーの元になるミョウバン原液を作ります。
ミョウバン50グラムに対して、水を1500ミリリットルの分量で混ぜあわせます。
すぐには溶けないので、数日間かけて溶かしてください。
これでミョウバン原液の出来上がりです。

 

これを10倍から20倍程度に薄めて、スプレーとして使います。
保存は、常温で3年ですので、すぐに使い切れなくても安心です。

 

ミョウバンは薬局にもありますが、食品コーナーにもあります。漬物を作る際に使うので、漬物の材料が置いてあるコーナーあたりにあるかもしれません。

 

 

最近では、加齢臭対策用のスプレーというのも少しづつ増えてきているようです。手軽に使えて便利ですが、ミョウバンスプレーだと、色んなことに使い回しができますし、経済的で、主婦の方にはぜひ試していただきたい加齢臭対策のひとつです。

 

あと、実際に使い比べてみると分かるかと思いますが、市販品より、手作りミョウバンスプレーの方が効果が感じられるような気がします。

 

 

 

加齢臭のよくある疑問(Q&A)ページに戻る

 

【加齢臭石鹸ランキング】 TOPページに戻る