加齢臭の原因は?臭いの元は何?

MENU

加齢臭の原因は?臭いの元は何?

加齢臭ってそもそも何が原因でにおいが発生するんでしょうか?臭いの元は何ですか?

加齢臭の独特の臭いの元は何なのだろうと疑問に思ったことがあることでしょう。では、気になる加齢臭の臭いの元はいったい何なのでしょうか?

 

もともと、男性が年齢を重ねれば重ねるほど、なんとなくオヤジ臭くなるということは、昔から言われていました。しかし、それが加齢臭だと言われ始めたのは、つい最近のことです。資生堂の研究員の方が、オヤジ臭の臭いの元を研究して解明したことから、加齢臭という言葉が使われるようになったと言われています。

 

資生堂の研究員の方が発見したこの加齢臭の臭いの元は、ノネナールという物質なんだそうです。このノネナールが加齢臭になるには、その流れがあります。人の肌に存在する皮脂腺の中のパルミトオレイン酸と呼ばれる脂肪酸が、同じく皮脂腺の中の過酸化脂質と呼ばれる物質と結びつくことで、ノネナールが発生するのだそうです。

 

30代過ぎてくるとこの皮脂腺の中のパルミトオレイン酸や過酸化脂質が増えてくるために、加齢臭が強くなってくると言われています。また、肌を清潔にしていなかったり、乾燥気味になっていたり、免疫力が弱っていたりすると、特に、加齢臭が強くなりやすくなると言われています。

 

 

加齢臭を防ぐには、加齢臭の臭いの元を発生させないようにすることが大切です。そのためには、肌を清潔にして、うるおいを保ち、免疫力を高めるようにすると効果的です。また、加齢臭というのは男性に限ったこととは限りません。実は、男性だけでなく、女性も加齢臭は発生します。オヤジ臭と呼ばれているために、女性にはないと思っている人も少なくないようです。

 

ですので、旦那さんの加齢臭で悩んでいるという方は、あなたも一緒に取り組むといいと思います。そうすることで、旦那さんも積極的に取り組んでくれるかもしれません。特に、加齢臭対策のシャンプーや石けんなどは、旦那さん用に置いておくよりも、夫婦で共用することで、旦那さんも心良く使ってくれるでしょう。

 

 

 

加齢臭のよくある疑問(Q&A)ページに戻る

 

【加齢臭石鹸ランキング】 TOPページに戻る