私はお金が大好きで、子供の頃からずっとお金持ちになりたいと思い続けています。

お金があれば、自分の欲しいものを欲しい時に欲しいだけ手に入れることが出来るからです。

子供の頃は、お小遣いが少なかったので、欲しいものがあっても本当に欲しいのか、どうして欲しいのかよく考え買うようにしていました。

友達と遊びに行くとなると、どうやってお小遣いを用意するかがとても大変な問題でした。

そのため、友達にプレゼントを買う時などは、何を贈りたいかよりもいくらで何が買えるかという風な考え方をしていました。

今そのことを思い返すと、損得だけを計算していたような気がして自分のことながら悲しくなります。

カードローンでお金を借りる方法には、大きく分けて3つのパターンがあります。

1.店舗に行き、申し込みを行い、審査完了後、そのまま借入れを行う。
2.電話で申し込みを行い、審査完了後、店舗もしくは無人契約機にて、カードの受け取りと借入れを行う。
3.インターネットで申し込みをし、電話での審査完了後、店舗もしくは無人契約機にて、カードの受け取りと借入れを行う。

上記の3点の方法があります。

審査基準や、借りられる限度額に関しては、どれを選択しても変わりありません。そのため、どの方法が時間的に余裕があるのかというのが選択の基準となります。

現在、一番申し込みが多いのが、3番の「インターネットによる申し込み」になります。このインターネットによる申し込みでは、申し込み時点で簡単な仮審査を受けることが出来ますので、審査が上手くいくのかどうかという無駄な時間を少し省くことが出来ます。

また、仮審査は匿名でできる審査となりますので、情報センターに履歴が残ることもありません。

本審査では電話での確認が必須となっているので、1番でも2番でも構わないという方が多いですが、カードローンで借入れをする方のほとんどは、サラリーマンや主婦などの「時間が取れない」という方が多いです。

カードローンは主婦でも借りれる金融商品なんですよ。

そのため、インターネットからの申込の場合は、こちらの空いている時間を指定して電話で対応してもらえるので、余計な時間が掛からず、申し込みから借入れまでをスムーズに完了することが可能になっています。

私は財布を選ぶ際にデザインや色よりも100%機能性を重視した使いやすい財布を選びます。
勿論私にだって好みの色やデザインくらいはありますが、まず機能性が重視で、その中でデザインや色があるなら選ぶといった程度のものです。

財布というのは毎日しかも何度もしようするものです。だから使いにくいものは財布として意味がないと思いますし、また持ち歩きがしやすいようにコンパクトなものを好みます。あと同じ形やデザインなら私は皮製のものが好きで、使い始めていく中でどんどん色が落ち着いて手に馴染む感じがたまらなく好きです。

あと形としては私は三つ折の財布で、お札が入るスペースと小銭を入れる部分がきっちり分かれているものが使用しやすいと思います。あとお札入れよりやはり使用頻度が高いのは小銭入れの方なので、小銭入れはある程度大きく中身が見えやすいものが使い勝手がいいと言えます。

あと私は財布はブランドを重視せずに使いやすさで選びます。財布は結構すぐにくたびれてしまうし、汚れやすいので都度購入するなら財布にお金をかけるよりも財布の中身を残しておきたいと私は思います。

http://お金がないとき.net/

お金がなくなるなんて言うのは日常茶飯事です。
もともと安いお給料、年々増えていく社会保険料負担に諸々の税金。
そして遂にやってきた消費税8%。
ただ毎日呼吸してるだけでもお金を取られてしまいますね。
挙句携帯電話税とかも検討してるとか。

さて、お金が無くなった時、というか、お金無くなりそうだなあという時は、優先順位をシビアにします。
まず、食費。これだけは削れない。
これがないと死にますね。
そして、食費以外は極力出費しない。
服も買わない。
娯楽もしない。
電気ガス水道もケチる。
友達付き合いも一時パス。
で、給料日まで耐える。
欲しがりません勝つまでは、の精神です。
まあ、給料日が来てもこの我慢生活を続けられれば、貯金もできていいのでしょうが、この我慢生活は2週間が限界ですね。

今まで金融機関等からお金を借りた経験はないのですが、今でも親への130万円くらいの借金が残っています。
最大250万円ありました。
月に3万円くらい返しています。
消費者金融とか、銀行のカードローンとかは、金利だけでも恐ろしいので絶対使いません。

私の場合、アニメが好きなので、お金が欲しいと思う時は、そのソフトに関係する時です。
凄く好きな作品がソフト化したものの、ファンの競争相手が多く、品薄状態。
ネットショップや、一般的なお店には置いていなくて、探し回り、とてもマニアックなお店で見つけ、尚且つ、クレジットカードが使えないお店だった、という時です。
今だったら、お店の人に取り置きを頼み、クレジットカードでキャッシングで買えるでしょうが。
しかし、20歳代はじめに、そういう事がありました。
ずっと待っていた作品がDVDボックスになったのです。
欲しかったけれど、その時は収入が少なくて、現金がありませんでした。
クレジットカードも持っていなかったのです。
次のお給料をもらってから、と思っていたところ、それまでに、ファンが買ってしまい、お店から姿を消してしまいました。
再販の予定はありません。
必死になって、探し回ったけれど、見つける事ができません。
半年位経ってから、新品をネットオークションで見つけました。
しかし、競り落とそうとしても、やはり同じようなファンが立ち向かってきます。
値段が、どんどん吊り上がり、とうとう、二倍以上の値段で競り落とす事ができました。
そのお金を出した事に後悔はありません。
しかし、最初に親に頭を下げてでも、お金を借りて買っておけば良かった、と後悔しています。

30歳まで正社員として働き、妊娠発覚後専業主婦となりました。
働いていた時の貯金は約500万程。
旦那も貯金の存在は知っていますが、これは私のお金。
旦那の給料は月に手取りで約30万円。
そこからお小遣い、食費、ローンの返済。
まだ小さい子供の将来の学費の為に毎月の貯金。
家計はすべて私が握っているし、欲しいものは買って構わないというのが口癖の旦那だけど、はっきり言ってそんな余裕はないです。
そんな中、つい先日たまたま買い物帰りに買ったスクラッチで50万円もの大金が大当たりしました。
私にとっては、数年ぶりの自分で稼いだお金!
これは浪費するしかないと考え、欲しいものを羅列していくと、冷蔵庫、行楽代、子供の玩具、旦那の布団…などなど。
結局自分本位な使い方は出来ずに、使ったのは家の事や家族の事。
きっと、独身の時だったらブランドものとか買いあさっただろうな…
結婚して子供が出来ると、お金の価値観が変わる。多分それは自分の母親がそうだったように、自分より子供。そうやって自分の優先順位が一番最後に下がっていくんだと思う。
生活費を借りたい主婦

主婦であることで不自由さは多少なりとも感じたりすることはあります。
でも大きく感じているかといえばそんなことはありません。
我が家の場合、主婦である私はお小遣いの設定をしていません。
ですが、欲しいものが合えば、やりくりの中で購入しますし、時々サーティーワンでアイスクリームを食べたりしてそれなりに主婦を楽しんでいます。
今現在小さい子供がいるのでしばらくは自由に仕事をすることは難しいと思います。
でも会社員であれば、お金はたくさん手に入れることは出来ますが、その分子供との時間をなかなか手に入れられなかったり、時間に追われて生活することは必至です。
そう考えれば主婦としてお金の不自由さは多少感じるけれども今のままで十分なのではないでしょうか。
それになにより主婦のお金の感覚って家庭によって様々だと思います。
我が家はないですが主婦でもしっかりお小遣いの設定をしている家庭もあるので、不自由を全く感じない主婦の方もたくさんいると思いますね。(主婦でも借りれるキャッシング

給料が全然増えません。。減らないだけまだマシかも知れませんが、でもボーナスは激減し・・・ 「なのに生命保険はそのままじゃないか・・・」と、年末調整の書類を書きながらふと気がつきました。
そんな私と同じ気持ちを覚えた人は多いのではないでしょうか?

保険のお姉さんの言われるとおり契約したけれど、時間も経ち本当に今の自分に最適な内容でしょうか。
年収は減っているのに、生命保険はこのままで大丈夫なのだろうか。 保険の見直しは、いつするのがベストタイミングなのだろうか。 いろいろ考えてみましたが、悩んだところで、保険のしくみは難しくて私には答えなんて出せっこありませんでした。

そんな時、ネットで目にしたのが、『プロによる保険の見直し無料相談』でした。